FC2ブログ

数時間の逢瀬 4

彼がベッドで横になってウトウトして。
私がクッションに横になってダラダラして。

なんかそれだけで、一緒にいるってだけで幸せ。

私もベッドにうつっていちゃいちゃする

彼「イってないから不満なんでしょ笑」
めい「・・・うん(´・_・`)笑・・・勃つ??」
彼「立たせるのがめいの役目でしょ!笑」

って言うのでまずは私を気持ちよくしてもらって様子を見る。笑

めいのキャミを下げておっぱいを舐めてくれる
彼が舐めるの上手でもう声が止まらない・・・

彼の右手は私の下半身へおりてくる。

彼「めい??笑 もうこんなにトロトロにしちゃって・・やらしいんだから」
いじわるな顔してずっと私の顔を見てる。
私の顔を見ながらコリコリしてくる。

めい「あっっやんんっんっんぁっダメぇ・・・」

って言ったら手を止める彼。

彼「なに?だってめいがダメって言うから。笑 いやなのかと思って笑」
めい「・・・(;д;)ダメじゃない。。。」
彼「えっそうなの?笑 ごめんごめん・・・笑」っていうくだりを何回も繰り返して
なかなかイカしてくれない。笑

そしてやっとイカしてくれる気になったのか・・笑
今度は手を止めないで責めてくる。

彼の首にしがみついて
「っあっ・・あんあんあん
 ○○くん・・・イッていい?はぁ・・んイクぅぅぅ

ピクンピクンと何回もイってしまった・・・
見られながらイクのが恥ずかしいのと焦らされたからか
涙が出てしまう・・・

彼のもすっかり元気になって彼が服を脱ぐ。

つづく
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する